車買取相場

愛車売るなら一括査定で一発比較

自動車査定は査定業者の比較が必須!



愛車を買取してもらう前に、必ず愛車の査定額を算出する根拠となる査定サイトの相場を比較をすることをおすすめします。

なぜなら、どの査定サイトを使うかによって、車の買取価格は大きく違ってきてしまうからです。
初心者の方は特に要注意です。

一括査定のサイトであれば、手続きも簡単ですし高額査定を期待することができます。
しかし、そのためにはより優良な一括査定サイトを選ぶ必要があります。
その選ぶ基準は、優良な買取会社がいくつ参加しているか、そして、システムは使いやすいか、さらに、システム運用会社の信用度です。
この3つの基準を重点におきサイトを選ぶことで失敗は確実に減ります。

また、サイトによっては、住所や名前、個人情報など細かい情報を入力しなければどんな買取業者が参加しているのかわからない場合もあります。そのようなサイトは避ける必要があります。
しかし、郵便番号など本当に最低限の情報のみ入力すれば、どんな業者が参加しているのかまですぐにわかるサイトもあります。
そのような安心できるサイトで一括査定してもらうことにより、一発で安心の査定額を出してもらえます。


自動車査定業者の比較はとっても大事。かならず複数の査定業者に査定を依頼するようにします。

修復歴があるとどれくらい下がるのか

それってほんとに事故車!?意外に知らない事故車・修復歴車



事故にあったことのある車のことを一般的に事故車といったりしますが正確には修復歴車といいます。

査定の中には言葉自体存在しなくて俗称なのですが、スタッフが客のわかりやすい言葉で説明するためにその言葉を使うことはよくあります。

修復歴の場合は、ただ修復したことがあれば修復歴になるのではなく、どの部分を修復するかによって修復歴があるか否かが決まります。
すなわちフレーム等、自動車の走行に深く関わっている部分を事故した場合のみ、修復歴があることになります。

本当に修復歴がある場合はもちろん事故歴ということになり買取の相場は大きく下がってしまいます。
しかし、例えば曲がり角で壁にこすってしまったとか、バックしすぎて壁にぶつけて凹みができてしまった程度では事故として扱われず、もちろん修復歴もつくことはなく、買取額も下がりません。

事故にはたくさんの種類があり、修理にお金がたくさんかかったといって大きな事故とはいえず、逆にたいしたことないような事故でもメインフレームに関わる部分だったりしたら修復歴がついてしまうことがあります。
査定でできるだけ得するためには修復歴の定義を知っておくことが重要であるといえます。


ちょっとぶつけて修理した車は、事故車・修復歴車ではないのです。

禁煙車と喫煙車の違い

禁煙車か?喫煙者か?



車の査定価格というものは、種類や年式によって大きく左右されますが、それと同時に重要な要素が車両の状態です。
当然ながら、同じ種類のものであっても丁寧にメンテナンスや掃除が施され、大切に使用されてきた状態の良いものの方が、評価は高くなります。
エンジンの状態や外装、内装が綺麗かどうかが、査定に大きな影響を与えるポイントであることは広く知られていますが、それと並んで重要なポイントに「ニオイ」があります。

喫煙者の多くが車内でもタバコを吸うものですが、そうした喫煙車というものは非喫煙者にとっては非常に気になるもので、いくらそれ以外の状態が良好であっても買い控えられるケースは珍しくありません。
そういった事情から、買取市場において、喫煙車は禁煙のものよりも相場が低くなる傾向にあります。 よって、売却を考える際には喫煙を控えると共に、タバコによるニオイやヤニの汚れなどをしっかりと除去した上で買取に出すことが大切です。

愛車を高値で買取してもらう為にも、非喫煙者でも安心して購入できる状態にした上で査定に出すようにしましょう。


タバコの臭いは喫煙者でも気になるもの。なるべくクリーニングで除去しておきます。

シートの破れや汚れの許容範囲

車査定の内装張替えで査定は下がる!?



車買取の際にチェックされるポイントというものは、非常に多岐にわたります。

当然のことながら、それぞれのポイントにおいて状態が良好であればあるほど評価は高くなり、そうしたひとつひとつの積み重ねがトータルの高評価に繋がっていくことになります。
正常に使用しての経年劣化はどうしても避けることはできませんが、使い方や心がけひとつで劣化を最小限に抑えることが可能なポイントもあるので、愛車の高値買取を目指す場合は念頭に置いておくことが大切です。

エンジンや装備品などが査定に大きな影響を及ぼすのはもちろんですが、もちろん内装の綺麗さも無視できないポイントとなります。
中でもシートは車に乗る以上常に使用する部分で、どうしても劣化が避けられないという一面がありますが、どの程度の破れや汚れまでが許容範囲なのかが気になるところです。

これに関しては、多少の擦れや汚れ程度であれば相場に大きな影響はありませんが、明らかに補修や張替が必要となるほどの破れや汚れに関しては、やはりマイナスポイントとなってしまうので、注意しておきましょう。


どうしても劣化してしまう内装には、必要以上に気にかける必要はなし!通常のクリーニングでOKです。

今、おすすめするオンライン一括査定サイトです

無料査定の裏ワザ - 無料ですぐにあなたの車買取相場がわかります。

無料査定の秘密

どの無料一括査定サイトでも入力する項目は同じです。 登録サイトが違う業者間での価格競争が高額査定の裏ワザ。複数の査定サイトに一気に入力してしまうことをおススメします。 カーセンサーとカービューは査定業者を選択できますので、査定業者が被らないように調整しましょう。

かんたん車査定ガイドの特徴

かんたん車査定ガイドの特徴は、

  • 少ない入力項目でかんたんに申し込みが可能
  • 申込後に相場情報を確認できる
  • JADRI加盟の優良店のみが参加
  • エイチームが運営

といった感じです。

価格 無料
評価 評価5
備考 すぐに相場情報がわかる
かんたん車査定ガイドの総評

入力項目がすくないので、すぐに申込みが可能です。
また、申込後はすぐに相場情報が表示されるので、手っ取り早く愛車の査定相場を知りたい場合に最適です。
信頼のおける買取業者のみが登録されているところも高評価。

カーセンサー.net簡単ネット査定の特徴

カーセンサー.net簡単ネット査定の特徴は、

  • 有名中古車情報誌カーセンサーの簡単ネット査定
  • 最大30社から自分で査定を申し込む業者を選択できる
  • 中古車情報誌ゆずりの豊富な情報
  • リクルートが運営

といった感じです。

価格 無料
評価 評価5
備考 自分で査定業者を選択できるのがユニークポイント
カーセンサー.net簡単ネット査定の総評

中古車査定の業者を自分で選択できるのは便利です。
他の一括査定サイトを利用した後に、かぶりがないように選択することができます。
また、連絡可能時間帯に「メールのみで連絡希望」とすることで、電話ではなくメールでの連絡を希望することもできます。

車査定比較.comの特徴

車査定比較.comの特徴は、

  • 全国75万台の分析データから算出した車買取相場情報
  • 一括査定後すぐに相場情報を確認
  • 全国200社以上から最大10社に一括査定依頼
  • ウェブクルーエージェンシーが運営

といった感じです。

価格 無料
評価 評価5
備考 愛車の車買取相場がわかる!
車査定比較.com

一括査定後にすぐに相場情報を確認できるはとても便利。
買取相場がわかれば、下取り相場との比較やその後の他社査定額との価格交渉にも有利に進められます。
まずはじめにこのサービスを利用するのがおすすめ。

カービューの特徴

カービューの特徴は、

  • 実績は申し分なしの老舗サイト
  • 最大8社からの見積りが可能
  • 地元密着の買い取り査定業者にも見積依頼

といった感じです。

価格 無料
評価 評価4
備考 日本最大級のクルマ総合情報サイト、カービューとYahoo! JAPANのサービス力は伊達じゃない。
カービューの総評

日本最大級の中古車・愛車無料一括査定ネット。ソフトバンクグループ。200万人の実績を誇る最大手。
最大8社からの見積りが可能。入力項目は比較的多いものの、大手買取業者だけではなく、地元密着の買取業者にも見積依頼ができるのはさすが。
実はあのビル・ゲイツと孫正義が始めた事業なんです。

車買取査定額アップの裏ワザ

車の買取額査定額をあげるためのポイントをいくつかあります。

一つ目は売却を一日でも早いほうかいいというものです。

車買取相場というのは刻一刻と移り変わるもので、素人はもちろん、プロの買取業者でも把握できないものがあります。
また、メーカーが現行の車の新しいバーションを発表したりすると、場合によっては一ヶ月で10万円以上もの買い取り額ダウンになることもあります。
これは主にフルモデルチェンジが出た場合、新たしいモデルへの乗り換え需要が高まることで、旧型車は皆いっせいに売却しようします。そのため、供給が需要より圧倒的に増えることで、結果、買取額は大幅に下がってしまいます。

その他、夏場にはオープンカーの相場が高くなったり、雪の多く、寒い日には逆に下がってしまったりと地域や時期によって相場が変動することも珍しくありません。特に事情が無い場合できる限り早く売るのがいいです。

そのほかにも、当たり前ですが、キレイな状態で査定に出すということがあげられます。
特に研磨剤で消える程度の小さなスリキズを見つけたらキチンと消しておきましょう。

また、内装もできる限りキレイな状態で出すのが好ましいです。

査定で見られるポイントを知ろう

私たちの生活に密接していて、今や現代人の必需品とも言える自動車。
就職や昇進、子供の誕生など、人生における節目で買い替えることも度々ありますし、
多くの車に乗りたい、といった理由で買い替える場合もあるでしょう。

車は無限に所有できるものではないので、新しいものを買う場合、古いものは買取ってもらう必要があります。
どうせ買取ってもらうなら、少しでも高く、というのが人の心情です。

そこで、買取査定の際に重点的にチェックされるポイントについて紹介します。

買取の査定ポイントは会社によってまちまちですが、
車種・年式・グレード、走行距離、修理歴、オプション、本体カラーなどが主にチェックされるようです。

ここで、本体カラーが重要なのか、と思われる方も多いでしょう。
実は人気のカラー、不人気のカラーというのが存在し、査定に影響するのです。

黒やシルバーといったカラーは年齢・性別を選ばないため人気がありますが、カラフルな色はテレビCMなどでは映えますが、個性が強く万人に人気があるわけではないのです。

車を購入する際は、手放すことを考えると、定番の色を選ぶと良いと言えるでしょう。
ちなみに、手放す時の価値をリセールバリューといいます。
新しく車を買うときは、このリセールバリューをちょっと意識しても良いと思います。

売却に必要な書類

自動車を買い取りに出すときには、いくつかの書類が必要になります。

故障せずにきちんと動くか?
どういったタイプなのか?
によっても異なってきますが、基本的には

自動車検査証
所有者の発行後一ヶ月以内の印鑑登録証明書が2通
自賠責保険証明書
買取時に有効な自動車納税証明書
実印
買取金額の振込先口座のメモ
リサイクル料を預託している場合にはリサイクル券

などが主なものとなってきます。
いずれも有効期限や現在の自分の住所氏名と違いがないかどうかを確認しておきましょう。

住所を変更している場合には、

住民票や戸籍の附票
住民票の除票

なども必要になります。
車検証から現在までの間で住所を転々としている場合には、住民票を移した全ての地域の記載が必要になりますので、役所などで確認しておきましょう。
また、結婚などで苗字が変わっている場合には、同様に戸籍謄本などが必要になります。

これらは査定の時には必要ないものもありますが、遠方からの出張見積もりの場合には、話がまとまればそのまま車両を持ち帰ることもあります。
前もって準備しておくと安心です。

査定に必要な情報

車を買取に出すときには、事前に査定をしてもらって見積もり金額を聞き、納得いった時点で契約という流れになります。

どうしても実物を見てからの鑑定になりますので、基本的には車を保管している場所の近くのディーラーや買取業者の元に持ち込むことがほとんどですが、
中には全国展開で買取をしている業者もいて、事前にインターネットで簡単な情報を入力しておくだけで、簡易見積もりの金額を連絡してくるサービスを行っています。

複数の業者から一括で見積もりを取り寄せることができるサービスを行っているサイトもありますので、近くの業者から納得いく金額が提示されなかった場合には利用してみると良いでしょう。

必要な情報は、車種やメーカー、年式、走行距離などで、事故歴や傷の有無などは実際に出張査定をしたうえで増減となります。
申込んでから数十分程度で回答が届くところもたくさんありますので、急いで手放したいという人でも十分間に合います。

一括見積もりや出張査定の費用は基本的に無料となっていますので、興味のある方は一度入力してみましょう。

車買取業者選びのポイント

車を高値で買取してもらう為には、少しでも車両のコンディションの良い状態で査定に出すことが大切ですが、どこの業者に出すのかも極めて重要となります。

いくら状態の良好な人気車種であっても、適正価格を提示しないようなお店では高値は期待できませんし、そういったお店では取引にまつわるトラブルの発生も懸念されるものです。

お店選びのポイントとしては、やはりまず高値買取が期待できるかという点が第一となりますが、これに関してはオンラインで利用できる一括査定などのサービスを利用することで、優良なお店の目星を付けることができます。
但し、この際に注意しておきたいのが、明らかに全体の相場よりも飛び抜けた金額を提示しているお店です。
このようなお店の中には、後日出張や持ち込みなどで実車の査定を受けた際に、様々な理由を付けて大幅な減額をしてくるところもあるので注意しましょう。

また、金額だけでなく円滑で気持ちの良い取引ができるか否かも、重要なポイントとなります。

車の売却を完了させるまでには、手続きなどでスタッフと繰り返しやり取りを行う必要も生じるので、口コミなどでの評判を参考に対応の良いところを選びたいところです。

これらのポイントを踏まえ、間違いの無い買取業者選びを行いましょう。

査定から売却までのスケジュール

新しい車を購入したから前の車が不要になったり、ほとんど乗っていない車を処分したいという場合は買取の業者に売却するようにしましょう。
高い値段で売ることが出来ればとてもお得ですよね。

車を買取ってもらうには、まず査定をしてもらいます。
インターネットで業者の無料査定をしてみましょう。
簡単に自分の車がどの程度の値段がつくのかがわかります。
ここで一社だけではなく複数の業者を利用してみることをお勧めします。
そうすることでより高く買取ってくれる業者を見つけることが出来るからです。

その後業者の方に自宅に来てもらい実車査定をしてもらいます。
実物を見てもらいながらの作業になるので、ここで最終的な値段が出されます。

この時、事前に綺麗に掃除をしておくと業者からの印象も良くなります。
できれば汚れが目立たないように細かいところまで綺麗に掃除をしておきましょう。

最終的な値段が出て、自分が納得すれば契約手続きになります。
この際に売却に必要な書類を揃える必要があります。
その契約手続きが終われば近日中に入金という流れになります。

名義変更手続きの方法とかかる費用について

車の査定のあとでの買取や譲渡などで名義が変わる場合は、新しく車を使用する住所を管轄している運輸支局に、名義変更の手続きを行わなければなりません。

運輸支局での手続きは平日のみとなっていて、登録窓口の受付時間は午前8:45〜11:45、午後1:00〜4:00となっています。
また、土日祝日や年末年始は休日となっています。
運輸支局で必用用紙の窓口で、用紙を購入して作成します。
これは、手数料納付書、自動車税・自動車取得税申告書、申請書があります。
また、用紙を購入しないで周辺にある代書屋さんに書類を作成してもらうことも出来ます。

登録手数料として印紙代の費用が必用になります。
移転登録手数料として500円、申請書の用紙代が100円ぐらい、ナンバープレート代(変更がある場合)は1,500円程度(地域によって異なってきます)かかります。
また、取得税は年式や新車当時の価格によって異なってきます。
代行をお願いした場合は、お店によって変わってきます。

ナンバーの変更を行う場合は、ナンバープレートを窓口に返却します。
返納が終えると、手数料納付書に確認の認印を押してもらえます。
そして、書類一式を運輸窓口に提出し、不備がなければ新しい車検証が交付されます。
不備がないか確認し、運輸支局内にある税金の事務所の窓口に、申告書などの書類を提出します。

買取を行って名義が変わるときは、忘れずに手続きを行いましょう。

 

サイトマップ